薄いポツポツシミには、皮膚科医推薦のハイドロキノンが効果的!

「ハイドロキノン」は数多くの美白成分の中では、特に強力な美白成分だといわれています。

 

それでは、皮膚科ではどのようにハイドロキノンが使われているのでしょうか。
その効果や安全性について、ロサンゼルスでアジア人の肌を多く診ておられる皮膚科専門医のクリストファー・ホー先生によると、シミ治療において、皮膚科医がまず選ぶのがハイドロキノンであり、シミに最も効果があるそうです。

 

ハイドロキノンには、すでに蓄積されたメラニンそのものの色を薄くする還元作用があり、そのためにシミが薄くなっていくそうです。通常は目に見えて気づくタイミングは1ヶ月以内にシミが薄くなるのが感じられ、さらに使い続けることにより、シミが淡色化していくことが実感できるというのです。

 

また、ホー先生によると、ハイドロキノンはFDA(アメリカ食品医薬品局)が認める、安全で効果的な治療方法だそうで、それは、ハイドロキノンが40年以上にわたって色素沈着の治療に使われてきたことからも説明されています。

 

シミに悩み始めたら、まずはビーグレンのトライアルセットから始めてみてはいかがでしょう?カプセル化されたハイドロキノンが角層のおくまでしっかりと浸透して、美肌を目指すセットです。


シミ

≪b.glen(ビーグレン)≫ 医療レベルの浸透技術を応用した化粧品の特徴

美白コスメには、できてしまったシミを薄くする「漂白型」と、シミができないようにする「予防型」の2種類があります。 美白ケアの効果を得るためには、漂白型と予防型の両方が必要です。 

最先端の美白ケアには、3大美白成分が配合されています。ハイドロキノンと、シムホワイト377と、ビタミンCの3大美白成分です。どの成分にも、シミを薄くして、シミを予防し、活性酸素を消去する働きがあります。

ハイドロキノンも、シムホワイト377も、ビタミンCも、美白成分は水溶性で、肌バリアで守られているお肌には浸透することができません。
シミの原因のメラニンまで到達していないのが、美白対策できていない原因でありました。美白コスメでシミが薄くならなかった答えがここにあります。

ビーグレンは独自の浸透技術『QuSome』で、直接メラニンに働きかけて、シミ改善へと導くスキンケア製品です。ビーグレンの肌ケア製品がお肌に合うかどうか不安な方は、トライアルセットから始めてみるのもよいでしょう。

365日間返品・返金保証
全国どこへでも送料無料
無料お急ぎ便サービス
20時間カスタマーサービス
b.ポイントシステム

価格 評価 備考
1,944円 評価5 医療レベルの浸透技術『QuSome』を使用したサイエンスコスメ

 

隠れジミ予防から、できてしまったシミ対策におすすめのコスメを一挙公開!

シミ予防対策化粧品