健康寿命と平均寿命

健康寿命と平均寿命のギャップ

平均寿命と健康寿命の違いを知る

私達日本人の平均寿命が世界でトップクラスになって久しいですが、最近よく、「健康寿命」という言葉を見聞きすることはありませんか?この寿命とは、「健康上の問題がない状態で、介護や医療に頼らなくても日常生活を送れる期間」のことを差します。元気に長生きするためにはもちろん、この寿命が長い方が良いのですが、実は、日本人の平均寿命と健康寿命の間には、男性で約9年、女性で約13年のもの差があります。この期間は、介護や医療なくしては生きられない期間のことで、生活に制限があります。どれだけ寿命を伸ばすかだけではなく、いかに健康に生活できる期間を伸ばすかこそが大切だという意識から、近年この「元気で暮らせる期間」に更に関心が高まっています。

健康寿命を保って自立した老後

「健康寿命」とは、身体面や精神面の介護を受けないで自分の力で自立した日常生活が送れることができる期間の事を言います。平均寿命は、この世に生を受けて、亡くなるまでの期間の事を言いますので、いかに健康寿命を長く保つことができるかが、老後の自立した活動量に関わってきます。健康を保つためには、日ごろから運動の機会を確保し筋力を鍛えることと、思考力を養い、認知症予防することが非常に大事になってきます。自宅に閉じこもっていては、筋力も思考力も低下する一方ですので、なるべく外出し、他者との交流を多く持つことが一番の健康法とも言えます。

↑PAGE TOP