健康管理で病気予防

健康管理で病気のリスク防止

健康を保ち病気のリスクを防止

「寿命」は、この世に生まれてから、亡くなるまでの期間を言いますが、「健康寿命」とは、人の手を借りることなく、自立して健康に動くことができる期間の事を言います。自立して活動する期間ですので、肉体面はもちろん、精神面や認知力などの健康も保っていなくてはなりません。病気は、日頃の生活習慣が原因でかかるものも多いため、日頃の運動不足や喫煙、過度の飲酒などに注意するのが、病気になるリスクを防止してくれます。また、家族や友人などパートナーと一緒に行動することで、一人では感じることの少ない達成感や満足感を得られますので、生活習慣の改善が習慣化されやすいです。

延ばすべきは健康寿命

日本人の平均寿命は最近のデータでは男性80.79歳、女性87.05歳で、過去最高となっています。健康寿命とは介護支援なしで自立した生活を営める年齢までを指す言葉です。つまり平均寿命との差は健康でない期間を表します。これは男性で9年、女性で13年というデータがあります。各都道府県では、元気で長生きするために「ウォーキングポイント」の付与などの健康プログラムに取り組んでいます。これは貯めることでプレゼントが当選する抽選に参加できるなど楽しい内容になっています。一度居住の自治体の取り組みを調べてみると良いでしょう。

↑PAGE TOP